北海道大学男子ラクロス部

北海道大学男子ラクロス部広報班による公式ブログです。

「全学に懸ける想い」4年DF吉野航司

 

このブログを書くと本当に終わりが近づいてる気がして、、
ずっと書くの渋ってたけど頑張って書いてます。。。

 

 

f:id:hokulax16:20191112211613j:image

 

 

まず、今年コーチを引き受けてくださった方々
ありがとうございます。
コーチの方々のお陰で今年1年間ラクロスに打ち込める環境が整っていたと思います。


家族
3年半ありがとうございました。
遠いのにたまに試合を見に来てくれたり、遠征費助けてもらったり、頭が上がりません。

 

後輩たち
君らの力がなかったら今年のチームはここまで来てないです。ありがとう。

 

スタッフ
日々の練習の運営
テーピング、ビデオ、分析
本当にありがとうございます。
恵まれた環境でラクロスが出来たのはみんなのお陰です。

 

特にたいらさん
本当にお世話になりました。
2人で話すことの9割がつまらないことだったけど
たいらさんがAコーチで本当に良かったです。
好き勝手やってすみませんでした笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


長いようで短い3年半だったな。
これが今の素直な気持ち。

 

高校の先輩が2人いるからって、

なんとなく体験会に行って、

なんとなく朝練体験して、

なんとなく初日に入部決めて、

もう3年半の月日が経ったって思うと嫌でもしんみりする。

今思い返せばほんとうに適当な理由でラクロス部選んでる笑

 

何も考えずにただラクロスしてて楽しかった1年生の時。
怪我で思うようにプレー出来なくて半年以上棒に振った2年生の時。
Aに入ったけど何も活躍できなかった3年生の時。


思い返すだけで何かがこみ上げてくる。

 

 

 

f:id:hokulax16:20191112211824j:image

 

 


自分が1年生の頃から、ずっとDFにエースがいた。
13は至さん
14はたいらさん
15はたかきさん
あれ、16は???

1年生の冬くらいからかな、
ずっと"16のDFはエースがいない。"
って言われ続けてきた。

その評価は4年生になった時も変わってなかった。
そんな中で自分がDFリーダーになってしまった。
なった。とかじゃなくて、なってしまった。

 


4年生になった時、
今年1年間やっていく自信がカケラもなかった。

AT陣は全くメンバー変わらないのに、
DFはとてつもなくデカいエースを失ったまま、"エース不在"

 

何から手をつければいいんだろう。
どんな戦術を実行するべきなんだろう。
あれ、そもそも俺って試合出れんの????

色んな事を考えなきゃいけなくなって、
ほんとにパンクしそうな毎日だった。

 

 

春のA遠征。
普通に負けた。
悔しいのはもちろんだけど、試合に勝つビジョンが持てなくて苦しかった。


雪が溶けて、外練始まって、どさんこ始まって、
学園に負けた。

 

 


こんなんでいいのかよ。

夏前までずっと思っていた。

 

 


けど、いつだったかも覚えてないくらいの時期から、

リーグ開幕くらいからかな

"あれ、今年行けるぞ、勝てる"

根拠のない自信が湧いてきた。
なんとも言えないけど、なんとなくそんな気がしてきた。笑

 

 

 

f:id:hokulax16:20191112211929j:image

 

 

ええやん。このまま行ける。

で、合宿。夏の遠征。

まあ手応えとしては悪くないかな。
良いチームになってきたな。

 

 

 

 


と思った矢先の戦線離脱。

医者にも整骨院の先生にも、10月の試合は間に合わないね。
って言われた。

うそやん、まじ?え、ほんまに言うてる?
ってなった。
なんなら全学も間に合わないかもしれないよ。って


目の前が真っ暗になったとかでは全然ないけど、
あー、早めの引退来たな〜、
引退したがってたけど、いざ現実になると受け入れるのしんどいな〜
ってセンチメンタルになってた。

 

 


でも、みんながファイナルまで連れて行ってくれた。
いくら感謝しても足りない。


満足の行くプレーはなかなか出来なかったけど、
なんとか復帰出来て、
全学に駒を進めた。


勝ったのとかはもちろん嬉しかったけど、
間に合ってよかった。って気持ちの方が強かった。


これでまだこいつらとラクロス出来る。
クレイジーな後輩たちやジャンケンに脳味噌を侵された同期たちとまだ一緒にいれる。
ホッとした。

 

 

f:id:hokulax16:20191112212331j:image

 

 


そして、

ここからは負けたら終わりの戦いが始まる。


思い描いていたエース像からは大きく外れたけど、
自分が見てきたDFリーダーの中では一番周囲に恵まれている自信がある。

 

人よりも馬に近い運動量ベンチプレスオバケ

グラボ妖怪

髪を切る度に海外サッカー選手みたいになるやつ

何も話を聞かないけど毎回クリアしてくれるやつ

ポジショニング警察

ありえないくらいでかい顔と声で周りを鼓舞するやつ

YouTuberみたいなゴーリー

シュー練付き合ってくれるちっさい子

日本語使えないdmf

すぐマウント取ってくる正式な名前ないやつ

存在意義が点取るしかないやつ

ステータス全部FOに振ったやつ

壁に住んでる見たこともないくらい努力家の主将

 

f:id:hokulax16:20191112212015j:image


みんなの助けがあってここまで来れた。

 

 

 

 

 

 

 

最後に一つだけ

OFはある意味分かりやすい。
成功が勝利に直結するから。


でもDFはどうだろうか。
1つ成功しても意味がない。試合を通して成功し続けなければチームに勝利をもたらすことが出来ない。

 

点を取り合うスポーツはシンプルだが、それ故に残酷だ。
点を多く取られた方が負ける。
これは逃げられない現実である。

 


俺たちは、
何回もミーティングを重ねて、何点も取られて、何回も負けて、その度に修正してきた。
その度に強くなってきた。

 


俺たちは強い。

さあ、歴史を変えに行こう。


"チームに勝利を"

 

 

f:id:hokulax16:20191112211544j:image


RALLY

 


#13 DF 吉野航司

「全学に懸ける想い」 4年MG松田結梨

 

2ヶ月半前に購入した部活用の靴が壊れました。

 

 

 

 

 

 

審判を本当に頑張り始めた3年生頃から、どのメーカーの靴を選んでも半年ともたなくなりました。ただ足の形が悪いだけなのかな。

 

 

確かにここ2ヶ月半だけでも、学生リーグに、クラブFINAL、遠征、他地区の学生リーグ、練習試合(、あと66も)、と盛りだくさんでした。

 

 

ちょうど昨日も一昨日も。

 

 

f:id:hokulax16:20191111160844j:image

 

 

自チームの試合は、本当は、苦手でした。

 

 

 

 

公式戦以外は、審判員として活動することがほとんどでした。

 

 

 


吹けば吹くほど、なんで私も皆と一緒に「やったー」とか「ナイス」とか言えないんだろうなあ、って思っていました。

 

 

 

 

 

その代わりに、怒鳴られたり、責められたり、良い思いをすることはあまり無くて、しわ寄せばかりだなあと感じることも少なくありませんでした。

 

 

 

 

そんなモヤモヤのチリツモが、まあ、ちょっとつらくて、自分が吹いた試合の後はチームに近づかなくなりました。

 

 

 

 

 

 

したら、どんどん自分のチームが自分のチームに思えなくなっていきました。あり得ない話ですが、本当にそうでした。

 

 

 

 


リーグでさえ、どんな顔をしてベンチにいたらいいかわからなくなりました。

 

 

 

 


本当しょーもない。

 


ちさとが分析、りるがトレーナー技術でチームの側で活躍しているのを、ふふーん私の同期は凄いんだぞ🤗、って誇らしく思う一方、いつもチームに一線を引いている自分の立場は誇れるものではありませんでした。

 

 

f:id:hokulax16:20191111160831j:image

 

 

審判に自信がなかっただけだと思います。

 

 

 


というか、自信もないのに審判を武器にチームを強くすることが自分には出来るのか、という思いが拭えませんでした。

 

 


私の審判同期には、おくにきと航司がいます。

 

 


2人とは昇級のタイミングもはぼ同じというほど、同じペースで育成されました。それが本当に大変だった。

 

 

 


昇級要件である10試合を吹いても、私に実力は伴いませんでした。

 

 

でも2人は吹けていた。

 

20試合吹きました。

 

それでも追い付けませんでした。

 

 

 

何十試合吹いても、昇級しても、ゼブラ賞を獲っても、それでも2人は私よりずっと前に居ました。

 

 

 

 

それが悔しくて情けなくて、2,3年生の頃は試合が終わるたびに試合会場のトイレに引き込もって泣きました。特に前田とサカグラのトイレにはお世話になりました(ありがとう)

 

 


あの頃は本当につらかった。   

 

 

 

あの頃は、とか言っていますが、本当は、最近まで自分が出る幕ないなあって思っていました。

 

 


4年生の初めに頑張るってブログに書いたくせに、いつまでも甘えていました。とってもダセェですね。

 

 

 

審判が好きで審判を武器に戦おうとしていた自分を、もっと早く認めてあげられれば良かったなと思います。へっ、ばーか🙃

 

 


今となっては、選手だからスタッフだからと線引きをせずに育てていただけたことには、感謝してもしきれません。

 

 


審判同期の二人にも、本当に感謝しています。ありがとう。

 

 

 

 

吹っ切れたのはわずか1ヶ月半前で、そこからのリスタートではあまりにも遅すぎました。

 

 

 

試合との接し方をだいぶ変えたけれど、自チームの試合たった3試合に、66を百何本吹いたくらいでは、チームに貢献したとも言えないな、と思います。

 

 

 


それまでに犠牲にした試合が何十試合、犠牲にした66が何百本とあるから。

 

 

 

ごめんね。

 

 

 

 

皆がどう思うかわからないし、今さらだとは思うけど、まだまだ悪あがきさせていただきますので、もうしばらくよろしくお願いします。

 

 

 


審判の「し」の字も書かないブログを書こうと思ったけど無理だった😘審判だいすきだよ

 

  

f:id:hokulax16:20191111160907j:image

 


全学では(念願の)(待ち焦がれた)ベンチに入らせてもらいます。

 

 

 

 

去年からずーっと、もっとベンチに入りたい!入りたい!と思って過ごしてきた分、全学では思う存分ベンチで声を出して、両手を挙げて跳び跳ねて喜んで、楽しんで、試合後には選手のグローブかたっぽ借りて仙台の空にぶん投げたいと思います💥😊

 

   

 

 


最後になりましたが、日頃から現役を支えてくださるOBGの皆様、コーチの方々、トレーナーさん、全ての皆様に感謝いたします。

 

 

 

 

また、私の審判活動を支えてくださった審判部の方々、北海道や全国各地で巡り会えた審判員の皆様、試合で出会えた選手やスタッフさん、コーチの方々にも、この場をお借りして感謝申し上げます。

 

 

 

 

北海道の歴史を変えることで恩返しをさせていただきたく思いますので、何卒応援のほどよろしくお願い致します。

 


新しい靴、買いにいこ~っと

「全学に懸ける想い」4年DMF河西洸紀

 

最上級生になってこのチームを支えてくれている人たちの存在を感じる機会が多くなった。

 

f:id:hokulax16:20191110202159j:image

 

ここまでの勝利は今まで北大ラクロス部に関わってくれた人たち全員が積み上げたものだと強く感じている。とてもありがたい。


だからこそ16の代で、このメンバーで新しいもう一つ上のスタンダードを作りたい。

 

 

f:id:hokulax16:20191110202335j:image

 

 

 
全学まであと1週間。

 


この1週間の過ごし方はとても重要になると思う。


いつも通りやろう。しっかりと。


焦りも不安もあるだろうけどそれは普通のこと。


特別なことをしなくても、やってきたことをいつも通りやればいい。

 

緊張なんてしないと思えばしない。


苦しい試合ほど自分の出番は増える。

 

それでも楽しんで勝つ。


まだまだ19LAXは終わらせない。

 

 

 

 

f:id:hokulax16:20191110202249j:image

rally

#7 河西洸紀

 

 

「全学に懸ける想い」 4年MF加藤義人

 

文書くの苦手すぎてよくわからないと思うので軽いかんじで読んでください

 


このブログを書くにあたってこの4年間を振り返って思ったことは2つ


1.ここ数年でのチームの変化と


2.同期に恵まれたということ

 

 

 

まずは1については16ならわかると思うけど、自分達がいるあいだに色んな面で進化したと思う。

 

 

育成は関東地区の技術、知見をフィードバックし自分が1年の頃よりはるかにレベルの高いものになった。

 

 

部の規則も大幅に変わり、親子などの新たな制度も増え、学年間の壁も少なくなった。

 

 

下級生の頃は同期しか見ない壁打ちやシュー練も、学年関係なくにぎやかになった。

 

 

従来の北大になかった技術、戦術も取り入れ、レベルの高いOF.DFになった。

 

 

f:id:hokulax16:20191109200405j:image

 

 

 


特に今年はrallyのスローガン通り、何事にも意見や考えを言い合うことをフォーカスしてきた。

 

 

そのおかげか下級生からもよく意見が出るようになった。

 

 

 

 

どれもこれも歴代コーチ陣、先輩方が残してくださったもののおかげです。

 

 


本当に感謝しかありません。

 

 

 

 

f:id:hokulax16:20191109200411j:image

 

2については言葉通り。

 

 


それはこの4年間高めあえた仲間だったということ。

 


16は北大が優勝するのが当たり前と言われていた一年生大会や、冬のツインでやる大会ともに優勝できなくて、弱い代だと言われることも少なくなかった。たしかにポテンシャルが高かったり、何か突出してるやつとかいなかったけど、負けず嫌いで努力するやつがいっぱいいた。

 

 


かつて同じポジションだったげんいちは僕の人生であった人の中で一番努力するやつで本当に刺激になったし、みつるやふっけと筋トレのMAX勝負で切磋琢磨できたし何よりそれが楽しかった。

 

 

自分は下手で迷惑しかかけなかったけど、本当に同期に恵まれたおかげでここまでやってこれたし、今年最強のチームができた。

 

 

 

でも結局次勝たないと例年通りだったと思われるだけ。それは嫌すぎるし悔しい。

 

 

自分は下手だったから先輩方の力になれなかったし、迷惑しかかけなかった。

 

だから絶対勝って、先輩方がチームを作ってきてくださったおかげで勝てたと言いたいし、後輩たちは自分の代になったときに全国1勝とかじゃなくて関東関西を倒すことを目標にしてほしいし、できるはず。

 


勝って次に"繋ぐ"

 


それが俺が思う"rally"

 


絶対勝とう

 

 

 

f:id:hokulax16:20191109200426j:image

 

 

 

 


#8

「全学に懸ける想い」4年DF西澤一希


自分にとって初めての舞台


緊張するだろう


今まではスタンドから応援する事しかできなかったが、今年はチームの代表として闘うチャンスを貰えた


自分に出来ることは限られてるかもしれないがやるからには俺の4年間を全てぶつけてやる

 


後悔なんか残ってたまるか

 

 

f:id:hokulax16:20191108161040j:image

 


東北に負けるのはもう十分だ


俺達ならやれる


みんなで勝とう


今まで携わってくださったすべての人に最高の形で応えよう

 

 


北海道ラクロスに新たな歴史を

 

 

 

 

f:id:hokulax16:20191108161057j:image


RALLY

 

#9 西澤一希

 

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ