北海道大学男子ラクロス部広報ブログ

北海道大学男子ラクロス部広報班が執筆する公式ブログです。

3年伊藤嵩樹ー後輩の想いー

 

『感謝』

 

このブログを頼まれてから何を書こうか考えてきたが全くまとまらなかった。
この1年間にかけてきた想いがあまりにも強かったことに気付き自分自身驚いている。

 

「臥薪嘗胆」


今シーズンを表すのに最適な言葉だ。

2016/11/13全学1回戦vs東北大
6-7で負けた。
1点差だった。1点の重さに泣いた。
僕は最後の失点に大きく関与した。
失点を防ぐことができる場所にいた。
なんとしても防がなければならなかった。
悔しくて苦しくて情けなくて、悔いても悔いても今尚あの悔しさは色褪せていない。
あれほど自分の力のなさを恨んだことはなかった。

 

f:id:hokulax16:20171014173817j:image

 

あの1点の差を考え続けてきた。

今期、僕は副将を務めることになった。
副将として1点差を埋めれる部分がまずあると思った。
今年の四年生は人に優しくて仲の良い学年だ。
だからこそ厳しく言える人が必要になる。
僕はその一端を担うべきだと考えた。
不満や疑問に思うことがあったら上下関係に構わず言ってきたつもりだ。
正直、言いたくないことや、言うのが苦しいと思うこともあった。
でも、あの敗戦の悔しさと比べたらやるべきことは明確だった。
少しでも良い方向にチームが進めるように手助けができていたら嬉しい。

 

f:id:hokulax16:20171014175014j:image

 

個人としては常に全学の舞台を見据えてきた。
全学でいかにボールダウンするか、いかにシステムを動かして相手オフェンスに苦い顔をさせるか、試合の流れが苦しい時にいかに流れを取り戻すか。
1つ1つのプレーを突き詰めた。
良いと思ったプレーにもさらに上のベストなプレーがあると思って。
リアルを想定して練習することは楽しかったし、やるべきこと・やった方が良いことが止めどなく出てきた。
全学までの残り期間さらに成長できる見込みが明確にある。
今シーズン当初に描いた理想の自分にはまだ遠い。
自分の成長に自分自身楽しみだ。

チームとしても個人としても成長することができたのはあの時の敗戦があったからだ。
シーズン中に心が折れそうな時、何度も何度も東北大戦のビデオを見てきた。
全学1回戦後に喜ぶチームを想像し続け、関西の舞台に立つ自分を想像して。
僕を焚き付け続けた東北大には感謝さえしている。

 

f:id:hokulax16:20171014173947j:image

 

 

そして、もう1つ感謝しなければならない大学がある。

 

北海学園

 f:id:hokulax16:20171014172905j:image

副将として言わせてもらおう。
リーグ戦の時の北大とは既に異なっている。勝ちをこれほど欲しているチームは北大以外に存在しえないだろう。


道内のライバルへ感謝の意を示すには圧倒的な力の差を見せるのがちょうどいい。
俺たちが北海道王者だ。
俺たちが三地区を倒す者だ。
俺たちが関西へのチャレンジャーだ。
俺たちが目指してきたのはこんなところではない。

圧倒的運動量
圧倒的技術
圧倒的マネジメント
圧倒的応援
圧倒的OB・OG

チーム一丸となって全ての面で圧倒し、道内に俺たちが覇者だと再認識させよう。
そして打倒三地区へと続く。

 

さぁ油断せずにいこう。

 

f:id:hokulax16:20171014174737j:image

3年坂根依桜ー後輩の想いー

 

「FINALに向けて」

 

f:id:hokulax16:20171013143511j:image

去年はFINALも全学も応援席で試合ビデオを撮っていた。
応援で声を枯らしながら最後まで勝利を信じていた。
終わってわかったことは、自分の無力さと、努力不足と、チームが負けた原因の一部が自分にもあるということ。

関西に連れて行けなくてごめんと言った、大好きで尊敬していた13に、結果として負けた以上、自分は何も貢献できていなかった。
負けたその瞬間にもうあの代のチームとして同じフィールドに立つ機会はなくなった。
全学で流した涙は、あれは今考えるとまだできることがあったのにしなかったからだ。
申し訳なさと、悔しさと、できれば時間よ戻ってくれという思いは今でも鮮明にある。

 

f:id:hokulax16:20171013143545j:image

 

オフに武者修行に行って、他大学のスタッフ陣の、プレーヤーの練習環境を良くしようという姿勢を見て決意した。
スタッフは日頃の練習が本番。
ここからまず絶対負けてらんねえ。
そう思ってチームに携わった1年だった。

 

f:id:hokulax16:20171013143527j:image


FINALベンチ入りするということで、緊張してるが個人的には同期の15のプレーを楽しみにしてる部分もある。
ベンチからナイショナイディって叫ばせてくれな。

後輩として試合に出る最後の年。
まだ先輩を引退させる気なんてない。

FINALという舞台を用意してくれた今の代への感謝、同じフィールドに立てることの喜び、それら全てベンチで、声で、出し切る。

 

欲しいものは勝利のみ。

 

 

2年石黒充ー後輩の想いー

 

『僕はAチームの中でディフェンスが下手くそだ、でも。』

 

 f:id:hokulax16:20171012145253j:image

 

2年目はチームのことは考えずにラクロスを自分のためだけに出来るシーズンだと聞いていたし、実際にそうだと思っていた。
しかしまだBチームだった自分をメンバーに選んでくれて経験した東北遠征から考えが180度変わった。

自分のためだけにこのシーズンを過ごすのは惜しい。
自分がAチームの末端を押し上げなければならない。
そして沢山学ばせてくれる先輩方のためにもチームの力になりたいと。

 

f:id:hokulax16:20171012145227j:image


しかし恩返しのためにもと意気込んでいた秋季リーグ開幕戦の3日前に怪我をした。
全治1ヵ月と診断され大きく落ち込んだ。
新人賞という目標も目の前から消えた。
さらに安静にしていれば回復して出られたかもしれない試合も、焦って復帰を急いでしまったせいもあり怪我が再発し、結局リーグ戦には1度も出場することが出来なかった。

だが今日までプレー出来ない時間は去年の何倍もラクロスについて考えた。
頭の中で理想のプレーをする自分を何度も想像した。
辛かったリハビリもひたすらに続けた。FINALでの勝利に貢献するためだけに。

 

 f:id:hokulax16:20171012145154j:image


ディフェンスは組織で成り立つもの。
一人が劣っているとそれが綻びとなってシステムが壊滅してしまう。

一人がカット方向を守れないだけで。
一人の押し上げが遅れるだけで。
一人がグラボに寄らないだけで。
一人がホットを張り遅れるだけで。
一人がケアを怠るだけで。

そして一人の勝ちたいという気持ちが敵に負けることで。


僕ら後輩がチームの弱点になるわけにはいかない。
FINALは僕らにとって通過点でしかないのだから。


四年生を全日へ。

 

 

3年沢田英駿 -後輩の想い-

 

去年の自分はAチームに入れてもらいながら怪我でFinalはもちろん秋季リーグの一試合も出ることが出来なかった。

試合に出てる同期を見て、その活躍が眩しかったしちょっと悔しかった。

遠征でもどさんこでも短い時間チャンスを貰ったのに怪我で全部棒に振った気がしたから。

 

f:id:hokulax16:20171011120023j:image

 

 

怪我がなかったら自分にも試合に出るチャンスがあったかもしれない。

 

何一つチームに貢献できた気がしなかった。

 

 

f:id:hokulax16:20171011120125j:image


でも今年は試合に出てチームに貢献できるチャンスをもらえた。

リーグ戦では納得いくプレーのできないことが多かったけどFinalでは勝ちに繋がるプレーをしたい。

 

 

f:id:hokulax16:20171011120044j:image

3年 AT#14 沢田英駿

 

 

 

 

2年深栖啓 -後輩の想い-

 

 

 

「なんで自分なんかが…」

 


まだAチームに上がったばかりの時に主将から秋季リーグの注目選手に選ばれたときにそう思ってしまった。実際自分より上手くて、注目されるべき選手は多くいたし、何よりも自分がその注目選手に見合うだけの活躍がはたしてできるのか自信がなかったからだ。しかし、もう選ばれたからにはもっと上手くなって期待にこたえるしかないと思った。

 

f:id:hokulax16:20171010151203j:image


そう思いながらそれから今までの5ヶ月間、本当にラクロスにうちこんだ。すべてはラクロスが上手くなるため、期待にこたえるため、チームに貢献するため。

 


 
 しかし、初めのころ本当にうまくいかなかった。試合に出してもらっても1Qか2Q、大事な試合の時は1Qも出してもらえないこともあった。出れてもたいした結果も残せず、ただ試合に出てるだけで、チームに貢献しているとはいいがたかった。

 

 


 それでも練習にうちこみ、試合ごと、練習ごとにいろいろなことを教わるうちに徐々に試合で点がとれるようになった。しかし、点がとれるようになってもまだまだ未熟なところが多くあり、チームに貢献しているかというとまだたりない。

 

f:id:hokulax16:20171010151140j:image

f:id:hokulax16:20171010151310j:image
 

 


 Finalまで本当に残りわずか。自分ができることは全力でグラボによること、全力でライドすること、とにかく全力でプレーすることだ。Finalの相手はリーグ戦で敗北した北海学園。絶対勝って全日にいき、14世代の目標である『打倒三地区』に貢献したい。

 

f:id:hokulax16:20171010151342j:image

2年 AT#62 深栖啓

 

 

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ