読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北海道大学男子ラクロス部広報ブログ

北海道大学男子ラクロス部広報班が執筆する公式ブログです。

4年鶴川慶次郎「全日に懸ける思い」

 

このようなブログを書かせて頂けることになったので、自分の4年間を思い返すことにします。

 

そもそもなんでラクロスを始めたかと言うと、

「学生日本一」になりたかったから。

別にラクロス自体は最初は好きなわけではなかったし、とりあえず呑気に遊んで大学生活を終えることだけは嫌だったので、学生生活をラクロスに捧げることにした。
入った当初は「学生日本一」がスローガンで、自分もそこそこ真面目だったので、学生日本一になるためには何をしたら良いか?を常々考えて行動してきた。

朝練に誰よりも早く来る、ということは学生日本一になるために自分が掲げた習慣の一つで、結果として4年間ずっと続けてこれたし、今考えると一年生の頃に必ず達成したい目標があったからこそ続けられたんだと思う。

 

f:id:hokulax16:20161106002708j:image


実際、「学生日本一」において何かをすれば達成できるという絶対条件は無い。ましてや北海道から学生日本一になったチームなんてまだ無いし、実際になった人と会ったことも無い。常に壁打ちしてれば上手くなるってことも無いし、筋トレしてれば勝てるっていう保証も無い。
その分、勝てるチームになるために何が必要なのかは無限に出てくるわけで、あらゆる場面で努力を惜しまなければ勝利を収めることができるという点で、大学から始めるスポーツであるラクロスにはやりがいがあった。いろんな要素で学生日本一にアプローチできる。

 

その中でも4年間の内に様々な地区のラクロスに触れることができたのも大きかった。

たまたま高校の同期がやってるところに参加したり、七大戦やユース選手権に出場したりすることで、他地区のプレーヤーから刺激を受けることは新鮮だったし、北大には無い文化が多くあった。

今でも他地区の知り合いが活躍していたらモチベーションが上がるし、全日で試合をしたいと思っている。

 

f:id:hokulax16:20161106002907j:image

 

最終学年になって、自分たちの代にMFが少ないこともあり、責任と重圧で苦しんだ。

歴代のMFリーダーは個人能力が高かったし、カリスマ性があった。自分にはそれが無い分、どのように統率をすれば良いか分からなかった。下の代も上手いし。
その分日頃の行動や細かい部分でみんなを引っ張ろうと考えた。練習の声、集合の時の発言、切り替えの速さなど。後輩の目にどう映っているか分からないが、やれるだけのことはした。

そのうち秋季で点も取れるようになってきて、決してかっこいいゴールではないけど、運も味方に付いてきたような気がした。他のMFもどんどん活躍してくれるし、先輩としてはとても心強い。

 

f:id:hokulax16:20161106003404j:image 

 

去年は怪我で出れなかった分、全日に出ている人たちが羨ましかった。全国の舞台は緊張するし、今年は最初で最後の舞台なので、思う存分楽しみたいと思います。そして最後まで自分らしさを貫き、勝利に貢献したいと思います。

 

f:id:hokulax16:20161106003126j:image

 

 

4年 鶴川慶次郎

 

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ