読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北海道大学男子ラクロス部広報ブログ

北海道大学男子ラクロス部広報班が執筆する公式ブログです。

4年岩佐耕節「全日に懸ける思い」

'16LAX 全日に懸ける思い

 


大学生の4年間は、ラクロスを楽しむには短すぎる。

 

f:id:hokulax16:20161109150254j:image

 

ラクロスを楽しむためには何が必要か。


一つはうまくなることである。
新しいことができるようになる、今までよりも上手にできるようになるというのはそれだけで面白いものだが、ラクロスにおいてはどれだけ自由にクロスを扱えるかということがオフェンス・ディフェンスのバリエーションを広げるし、ラクロスという競技の特性や自由度を高めてくれる。

 

もう一つは試合に勝つことだ。
プロ選手でない私達が、全国という枠組みで高みを目指してスポーツで競い合える機会というのは、そう多くない。クラブなどで続ける人を除けば、多くの人にとって大学の部活動が最後になる。
学業、バイトなど忙しさに個人差はあれど、学生は与えられた自由な時間を好きなだけ勝利のために割くことができる。その点において全日に出場するチームは平等である。平等なのはチーム内も同じ。だからこそ2年生の時、Aチーム入りしていた同期との間にあった単純な練習量の差と、それに伴う実力の差が悔しかった。悔しかったけど、自分より頑張っている姿を見て、プレーで貢献したいという気持ちは強くなった。

 

f:id:hokulax16:20161109150456j:image


北海道ファイナルのカウントダウンで用いた「選択と集中」。
これは一昨年の代替わりミーティングでたまかつさんが話されていた言葉だ。ついてしまった差を埋めるため、4年生としてこれまで以上に成長し、プレーでチームに貢献するためにシーズンを通して意識していた。

3年生になって急にミディから転向した時、先輩や後輩は色々思うところがあったと思う。特に同じポジションのAT、そして最後の1年がかかっていた12の先輩方。
だが、試合で使っていただけるまで成長できたのはもちろん自分で考えることもそうだが、同じポジションで教えてもらえたことが大きかった。なんだかんだあきひとさん、こうたろうさん、同期のATには頭が上がらない。
そして社長には先輩なのに、練習でミスが続いた時とか励ましてもらえて2年間本当に助かった。ようへいには今年になって出場機会奪われて本当にヒヤヒヤした。俺は結構心狭いところあって、自分が調子よくないと他の人のプレーを素直に喜べないところあったから本当に怖くて、刺激になったよ。

そして今年はてつさん、たまかつさん、亀田さんの3人にコーチをお願いすることになって、自分が一番成長することができたと思う。3人にコーチをお願いするのには最初は少し反発もあったし、シーズン中に主力がBに落ちて、文句をいう人もいた。
しかし今の思いは2年前、'11に返せなかった恩を一緒に全日を戦うことでプレーで返したい。それだけだ。

 

f:id:hokulax16:20161109150423j:image

 

北大も、東北大学も、11/13は全日初勝利をかけての一戦だ。
勝てばOBGに胸を張って報告できるだろう。
だがそれ以上にこのチームで少しでも多くプレーしたい、そして目の前で自分以上に努力してきた同期を勝たせたいと強く思う。

ラクロスを楽しむためにはまだまだ短すぎる。

 

 f:id:hokulax16:20161109150212j:image


vs東北大、勝ち切ろう

4年 #9 岩佐耕節

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ