読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北海道大学男子ラクロス部広報ブログ

北海道大学男子ラクロス部広報班が執筆する公式ブログです。

4年千葉至「全日に懸ける思い」

'16LAX 全日に懸ける思い

 

 

Feeling my way through the darkness
Guided by a beating heart
I can’t tell where the journey will end
But I know where it starts

They tell me I’m too young to understand
They say I’m caught up in a dream
Well life will pass me by if I don’t open up my eyes
Well that’s fine by me

So wake me up when it’s all over
When I’m wiser and I’m older
All this time I was finding myself
And I didn’t know I was lost

 

 

ある曲の歌詞。
タイトルは"Wake me up"

タイトルの直訳は”目を覚ませ”
歌詞を訳してまとめると、

”早く夢から覚めろ、夢見がちな時期はもう終わったんだから。
どうせ大人になってあるいは賢くなって悟ったときに夢から覚めるんだから。”

ただそんなつまらないことをこの曲は伝えようとしているとは思えない。
これは夢を諦めるなというメタファーなんだろう。

この歌詞の意味を理解してから、多くのことを考えさせられた。

大学生活4年の中で、楽しいことよりも多くの苦しいことを経験してきたけれど、
それは何のためだったのか。
初めてラクロスに触れて、感じたこと。
入部したときにもっていた決意。
去年、一昨年と、大事な試合で負けた時の感情。

色んなことを思い出させて、自分を奮い立たせてくれる。
弱い自分にとって、思い入れの深い曲。

 

 f:id:hokulax16:20161110173127j:image

 

 

これから向かえるは自分にとって最も大切な日。
そこから始まるは勝ち残った人だけが見える、頂上からの景色を望むための戦い。
チームの目標がどうとかじゃない。
自分の目指している場所はどこか、それに尽きる。

こんなところで終われない。夢から目を覚ましたくない。

そして目指すなら一番高いところへ行こう。

 

f:id:hokulax16:20161110173035j:image

 

 

4年 #13千葉至

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ