北海道大学男子ラクロス部

北海道大学男子ラクロス部広報班による公式ブログです。

3年寺倉直輝ー後輩の想いー

 

『ファイナルに向けて』

f:id:hokulax16:20171005145106j:image


去年の目標は学生選手権にスタメンで出ることだった。

新チームになってからこの目標に決めた理由は大好きな'13世代と一緒にプレーしたかったから。

しかし全学一回戦前日に発表されたメンバーの中に自分の名前はなかった。
リーグ戦後半から出場機会がどんどん減っていっていたし、覚悟はしていたがショックだった。
スタンドから見るチームメイトの姿はとても遠く感じた。

それでもこの人たちが負けるはずはないだろうと思ってとにかく必死に応援した。
しかし、結果は1点差で東北に負けた。

' 13世代ともう二度とプレーすることは出来なくなってしまった。
引退してしまう先輩の姿をただ見ることしかできず、涙が止まらなかった。

本当に悔しかった。何もできない下手な自分が嫌になった。

 

f:id:hokulax16:20171005145444j:image


だからこそ今シーズンは全試合スタメンで出場すること、1分でも長く試合に出てワンプレーでも多く関わることにこだわってきた。

試合に多く出るということは当然責任も大きくなる。
自分のちょっとしたプレーが勝敗を左右してしまう。

上手くならなくてはいけない。

そのために長期間練習を休んで武者修行に行かせてもらった。
長期オフの帰省中にも毎日4時間近く自主練に行った。
怪我をしたときも片腕にギプスをつけたまま壁に通った。
あの東北戦を何度も思い出しながら。


去年までは先輩に対して自分の意見を言えなかったが、今年は生意気な事もたくさん言った。
ミスしてもへらへらしている人たちを見て本当にやる気があるのかと思ってイライラした時もあった。

全ては勝ちたいから。


生意気な自分に対しても常に優しく接してくれる四年生の力になりたい
当たり前のように過ごしていた1週間、たった1回の練習が今は惜しい。
まだまだ先輩達とラクロスがしたい。


ここから先の試合は負けたら終わりの大事な試合。
多くの部員や引退していった先輩達の想い、四年生の4年間を背負っている。
負けるわけにはいかない、勝つ義務がある。

 

f:id:hokulax16:20171005145259j:image


まずはfinal。
技術も身体能力も高くない自分にできることはどんなに疲れていても足を止めないこと。
他の人は寄らないような不利なGBにも必ず寄り、フルフィールドを走り続けることだ。

自分らしく泥くさいプレーで勝利に貢献したい。

そして今年こそ全学の舞台に立ち、北海道の歴史を変えてやる。

 

f:id:hokulax16:20171005150448j:image

 

3年DF #13 寺倉直輝

 

 

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ