北海道大学男子ラクロス部

北海道大学男子ラクロス部広報班による公式ブログです。

-これからラクロスの話をしよう-4年MG笹原菜々

 

f:id:hokulax16:20181107184233j:image

 


おはこんばんにちは、4年MGの笹原です。

 


広報班に配属されてから3年間書いてきたブログも今日で最後かと思うとなんだか寂しいです。

なんだかんだいってブログ書くの好きなのかもしれません。

 

 

 

3年間ブログを書いてきて思ったのは、ブログはやっぱりいいものですね。

広報ブログとなると公にするものなので多少かっこつけてしまいますが、自分の考えや思ってることを言葉にして

こうやって整理してみんなに示す、って。

それだけで疲れるし恥ずかしいし勇気もいるけど、頭がラクロス!!!!!って感じします。

何言ってるんだ?🤧

来年度は全学年、学年ブログでブログリレーして下さい。

 

 

 

今日は、私の今まで考えてきたことやモチベーションについて書こうと思います。私がどんな思いで、きっかけで、ここまできたか知ってほしいです。

 

 

このブログを書くにあたって、昔のブログや自分が残した反省や思ったこと、気づいたことを書いたメモフォルダを読みあさりました。

なんだか初心に戻れた気がします。

 

 

 

 

 


節々で私が考えてきたことを読んでみると、


私は1年生の頃から理想のマネージャー像とか自分が何をすればいいかとかを考えてた。

(マネージャーだったらみんな一度は考えると思います)

 

 

 

 

1年生のフレキャンが終わったときは理想のマネージャー像に


勝ちに繋がることならなんでも言い合えるマネージャー


って書いてた。


(かわいい)(いいこと言ってるね)(忘れてたけど)

 


当時は本当に何もわからなくて、マネージャーもわからないしラクロスもわからないしプレーヤーとも壁がある(ように感じていた)。

 


そんなんでプレーヤーやチームに対してものを言える立場になんか本当になれるのか?

と思い、


でもだからとりあえず、いま自分にできることを精一杯やろうと思った。(思ってた。)

 


練習をまわしたり、ビデオやテーピング、マッサージを習って、審判試験を受けて、反省を聞いたり戦術を教えてもらったり練習や試合の動画を見たり、ブログ書いたりベンチワークや遠征行ったりなど多くを経験した。

 


どれも初体験で、テーピングテスト合格できなくて泣いたり、荷物管理が甘いと怒られたり、審判するのが怖くなったり、ブログの投稿数増やして意味あるのかと思ったり、どうしても興味を持てないものがあったりなどしました…。

 


(いま思うとどれもしょうもなぃ…)

 

 

f:id:hokulax16:20181107184403j:image

 

 

そうして、2年生、3年生になったとき、

ふと、自分はこれを持っている!みんなの役に立っている!と自信を持って言えるものがないことに気づいた。

本当に、恥ずかしい限りです。理想には程遠いですね。

 

 

 

自己分析してみても、部活における私は口悪いしすぐテンパるし空気読めないし不器用だし自分でもはっちゃけた性格してるな、と思うし、自分の言動や仕事でチームに迷惑をかけたとも思う。あぁ、ごめんなさい。

 

そんな自分をみて

何のためにマネージャーやってるの?とかなんで部活にいるの?って他の人に思われたくなかった。

チームの重荷にはなりたくなかったし、いてもいなくてもいいような存在にはなりたくなかった。

 

 

 

そんな思いもあった中、
チームの目標があって、達成させるために、効率的に、自分がどうあるべきだ?とかも考えた。

理想のマネージャー像とは?ではなくて。

チームに必要なことと自分のチームでの役割だ。

 


そして、マネージャーの各班が特化していって…

新しいことやってみよう、とかこれ形骸化してるよな?とか考え始めた。

 

楽しかった。

 

 

 

 

f:id:hokulax16:20181107184519j:image

 

 

 

 

 

 

でもそんなとき、自分のモチベーションがなんなのか気づかされたことがあった。

 

去年のFINAL時プレーヤーに、

ベンチにどのマネージャーが入ってたか覚えてない、

と言われた。

それほど緊張してたのかとも思ったけども、

正直ショックだった。

 


(いま考えると、ベンチワークがマネージャーの全てではないし、ベンチに入ることのプライドだけ高くてベンチワークがそれに伴っていないことが笑えちゃうけれども)

 


そのとき、思った。

 

理想のマネージャー像とは~

チームにとっての自分の役割とは~

とかかっこつけちゃってぇ!


ほんとは結構単純だった。

 

 

本当に本当におこがましいのもわかっているけれども、

 

私は、私自身が、チームの目標達成に大きく貢献したいんだ、と気づいた。

 

結果を残したい、と。

 

ただたまたま北大の男子ラクロス部に入ってマネージャーになっただけで、プレーヤーに全学に連れてってもらった、良い経験させてもらった。なんて嫌だ。

 

 

 

あわよくば、あわよくば目標達成して、引退するときに、大好きで尊敬するチームの人たちに、なながマネージャーで良かった、って思ってもらいたい。

 

 

そんな自分本位で承認欲求の塊すぎる自分が嫌になる。

 

けど…

これが私のモチベーションであり、

みんなにはこんなモチベーションの人もいるんだぁ…って知ってほしいから書きました。

 

 

 

 

そして

 

4年生になって、いらないプライドや時間やお金や言い訳を捨てて、改核してやる、ってここまで一瞬だった。

 

 

そんないま、やっぱり後悔することばかり。

 

だけど、ここで勘違いしちゃいけない。

まだ終わってない。いまからでもできることがたくさんある。浮かんできた。やる。宣言する。

 

マネージャーは各班特化したから戦術は知らなくていいとか、

コーチと仲良くなれなかったなとか、

もっと広報や集客、応援盛り上げたかったなとか、

怪我人に試合までに回復できるようにできることをもっと口酸っぱく伝えてたらなとか、

Bの裏遠征に関してももっと積極的に動いてたらなとか、

今更遅すぎるとかの言い訳はなし。まだまだこれからだ。

 

引退するその瞬間までまだまだ駆け抜けたいと思います。

 

 

 

 

 

そしてまだ、いまみんなに伝えたいことがあります。

 


プレーヤーがラクロスを楽しんでいるのと同じように、私もマネージャーが楽しい!

ラクロス部に所属している状態が楽しい!

わからないことやできないことができるようになったり、熱い話をしたり、目標を定めて課題を探して行動に移すことが!

みんなバラバラのモチベーションだとしても目標は一緒。それがすっごく楽しい!

結局理想のマネージャー像なんてさっっっぱりわからなかったけど!

そうゆうもんな気もする!

マネージャーも楽しいでいい気もする!

とりあえず全学1回戦まであと3日!

今日も明日も来週も!

元気に部活に行く!!!

あー楽しい!!!!!!!!!

楽しい!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい、それではもひとつ最後に。(温度差)

 


目標決めてそれに向かって努力するプレーヤーの姿を、ラクロスを純粋に楽しんでいるプレーヤーの姿を、忙しいなかたくさんの時間を割いてくださるコーチや私の何倍も努力して形に残しているマネージャーたちの姿を近くでみて何も感じないわけがありません。

きっかけはいつもみんなでした。

 


本当にありがとう。

 

 

 

尊敬する人はたくさんいますが、そのひとりのたまかつさんに1年生の頃、

「チームを日本一にさせるために、まずチームを愛するマネージャーになれ」と言われたことを思い出しました。

 


いま、自信を持って言えるものがみつかりました。

(やったー)

 


愛してるぜベイビー!!!!

 

f:id:hokulax16:20181107184931j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

p.s.

愛してるとかなんか恥ずかしいです。

このブログ読みなおせばなおすほど恥ずかしいです。

恥ずかしがり屋さんです。かわいいね?

 

 

 

 


4年MG笹原菜々

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ